障害の認定基準


障害年金が支給される際には、障害の認定基準についてもきちんと理解しておいた方が良いでしょう。有名な症状や一般的な病気であっても、障害として認定される場合が多くあります。自分ではそれほど重大ではないと勝手に判断せずに、障害の認定基準を知っておくことで、受け取るべき障害年金を受け取れます。

障害障害年金の対象となる病気やけがは、手足の障害などの外部障害だけでなく、メンタル部分に病気を抱えてしまう精神障害のほかに、がんや糖尿病など内臓の病気となる内部障害も対象になります。外部障害とは、眼や聴覚、手足などの肢体の障害などが含まれます。視力や聴力に障害がある場合などは、この外部障害に該当します。次に精神障害と呼ばれるものは、統合失調症やうつ病、認知障害やてんかんが含まれます。また知的障害や発達障害なども精神障害に含まれますので覚えておきましょう。障害と聞きますと、目に見える部分に障害があるばあいにしか、障害年金が支給されないような印象ですが、精神面での障害がある場合にもきちんと受給できます。最後に紹介する内部障害とは、呼吸器疾患や心疾患、腎疾患や肝疾患によって障害が出た場合が含まれます。その他、血液や造血器疾患、糖尿病やがんなども内部障害に該当します。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.