異なる障害年金の金額

障害と一言で言ってもそれぞれに違いが大きく、年金障害の金額も障害の等級だけでなく、家族や子供の有無で大きく変わることを知っておきますと、いざという時にとても役立ちます。また、障害年金に関する知識を得ておくことで、自分自身だけでなく、身近で困っている人を助けることもできます。中には、障害年金の受給に該当しているにも関わらず、その人自身が知識不足であるために、まだ手続きを済ませていない人がいる場合もあるでしょう。そのような時でも、自分が知っている障害年金のことをアドバイスしてあげることで、生活に支障がある人を助けられます。

事務所障害年金の金額は、障害の度合いやレベルによって金額が変わることが良く分かりました。しかし、自分や家族だけでは良く分からない場合や、手続きの仕方などに不安を感じる場合には、様々なサポートを得ながら受給できる環境を整えるのも大切です。詳しい内容を知りたい場合には、全国各地にある年金事務所へ相談をして、早めに問題を解決しましょう。その際には、少しでも早く手続きが進められるように、自分が知りたいことを箇条書きしたメモを用意するなど、もれなく話を聞いてスムーズに事務処理が進められるようにするのがおすすめです。

Posted in 未分類 | 異なる障害年金の金額 はコメントを受け付けていません。

障害の認定基準

障害年金が支給される際には、障害の認定基準についてもきちんと理解しておいた方が良いでしょう。有名な症状や一般的な病気であっても、障害として認定される場合が多くあります。自分ではそれほど重大ではないと勝手に判断せずに、障害の認定基準を知っておくことで、受け取るべき障害年金を受け取れます。

障害障害年金の対象となる病気やけがは、手足の障害などの外部障害だけでなく、メンタル部分に病気を抱えてしまう精神障害のほかに、がんや糖尿病など内臓の病気となる内部障害も対象になります。外部障害とは、眼や聴覚、手足などの肢体の障害などが含まれます。視力や聴力に障害がある場合などは、この外部障害に該当します。次に精神障害と呼ばれるものは、統合失調症やうつ病、認知障害やてんかんが含まれます。また知的障害や発達障害なども精神障害に含まれますので覚えておきましょう。障害と聞きますと、目に見える部分に障害があるばあいにしか、障害年金が支給されないような印象ですが、精神面での障害がある場合にもきちんと受給できます。最後に紹介する内部障害とは、呼吸器疾患や心疾患、腎疾患や肝疾患によって障害が出た場合が含まれます。その他、血液や造血器疾患、糖尿病やがんなども内部障害に該当します。

Posted in 未分類 | 障害の認定基準 はコメントを受け付けていません。

障害の等級について

障害年金が受給される際に大きく関わるのが、障害の等級です。障害の等級の違いによって支給される年金の金額も変わります。もしも自分や家族が障害の認定を受ける場合には、等級ごとにどのような違いがあるのかを把握しておくことはとても重要です。障害の等級のランク分けは、障害基礎年金でも障害厚生年金でも同じですのでよく覚えておきましょう。

視力障害等級の1級と呼ばれるものの症状には、両上肢の機能に著しい障害を有するものや、両下肢の機能に著しい障害を有するものが含まれます。また、視力に関する障害も該当していて、両眼の視力の和が0.04以下のもので、原則として矯正視力である場合に限ります。更には、視力だけでなく聴力に関する項目も場合によっては1級に該当していて、両耳の聴力レベルが100デシベル以上とされています。

また障害等級2級の場合には、1上肢の機能に著しい障害を有するものや1下肢の機能に著しい障害を有するものが該当します。更に、原則として矯正視力で、両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のものや、両耳の聴力レベルが90デシベル以上のものが2級の等級に該当します。1級と2級では、同じような障害の症状であっても、その内容によってきちんと区分けされていることが分かります。

Posted in 未分類 | 障害の等級について はコメントを受け付けていません。

障害年金の金額

知っているようで知らない障害年金の金額は、いざという時に困らない為にもきちんと理解しておくことが大切です。普段はあまり考えることがない年金に関する内容ですが、実際に良く分かっている場合は少なく、本来もらえるべきものがきちんと支給されていないケースもあります。障害年金は、ケガや病気の影響で体に障害が出るなど、生活をする上で様々な支障が発生した場合に受給できる年金です。障害の程度に合わせて金額が異なりますので、実際に自分がどのランクに値するのかを把握する必要があります。

障害年金障害年金は、国民年金受給者に支給される障害基礎年金と、厚生年金に加入している人が対象になる障害厚生年金に分類されます。障害基礎年金の金額は、1級の場合、779,300円に1.25を乗じて、子供分の金額が加算されます。2級の場合には、779,300円に子供の分の金額が加算されます。つまり、1級の方が2級よりも1.25倍多い金額が支給されることになります。

また、子供の分の加算とは、第1子と第2子がそれぞれ224,300円となっていて、第3子以降にはそれぞれ74,800円が支給されます。ちなみに、障害年金における子供の定義とは、18歳到達年度の末日を経過していない子であることに加え、20歳未満で障害等級1級または2級の障害者であることが条件となります。一方の障害厚生年金の場合は、年収額や年金額に応じて異なり、障害基礎年金に加えて算出される仕組みになっています。計算方法はそれほど複雑ではなく、決まった公式に数値を当てはめるだけですので、簡単にシミュレーションできます。

Posted in 未分類 | 障害年金の金額 はコメントを受け付けていません。